護身道無我無心塾ホームページ

マエケン体操

無我無心塾津山塾

護身道無我無心塾津山塾20240522・8呼称ステップ・パンチ練習

護身道無我無心塾津山塾では、様々な護身練習を行っております。 本日は、パンチコンビネーション練習を行いました。 基本練習をベースにパンチの連続して繰り出せるように軸・重心・ステップを駆使して練習していきます。 ストレス発散・健康管理・身体能力維持・向上・危機管理能力向上 関心のある方は、練習参加・見学お待ちしております。
無我無心塾津山塾

護身道無我無心塾津山塾20240511パンチコンビネーション練習

護身道無我無心塾津山塾では、様々な護身練習を行っております。 本日は、パンチコンビネーション練習を行いました。 基本練習をベースにパンチの連続して繰り出せるように軸・重心・ステップを駆使して練習していきます。 ストレス発散・健康管理・身体能力維持・向上・危機管理能力向上 関心のある方は、練習参加・見学お待ちしております。
無我無心塾津山塾

護身道無我無心塾津山塾20240426ミット練習

護身道無我無心塾津山塾では、様々な護身練習を行っております。 本日は、パンチ・ミット練習を行いました。 距離に応じてパンチの打ち方・種類を考えながら、ステップを使ってパンチ力を増す練習も行い充実した練習でしたが、課題も見つかり次回の練習の目標が出来ました。 日々の練習で気づきがあることが楽しいです。 ストレス発散・健康管理・身体能力維持・向上・危機管理能力向上 関心のある方は、練習参加・見学お待ちしております。
無我無心塾津山塾

護身道無我無心塾津山塾20240424ナイフデフェンス関節技練習

護身道無我無心塾津山塾では、ナイフテクニックとしてナイフストライクテンを練習しております。 ナイフの技術を高めてナイフ対処能力を高めるためです。 相手の武器技術を理解して特性・機能性を熟知していき危機管理能力を高めて危険を察知して身を守る技術を習得して行きます。 関心のある方は、練習参加・見学お待ちしております。
無我無心塾津山塾

護身道無我無心塾津山塾20240417ナイフストラクテンデフェンス練習

護身道無我無心塾津山塾では、護身練習から身体能力向上・ストレス発散・健康維持・危機管理能力習得を心がけて練習しております。 本日は、ナイフストライクテンで攻撃を学び、攻撃技術を理解して防御練習・関節技に移行し制圧練習を行いました。簡単には相手をコントロールできませんが対処・対応が出来る・出来ない、危機管理の感性を身に付けて危険を回避できる心身の準備していきます。 興味関心のある方は、見学・体験練習参加できますので気軽に問い合わせしてください。
無我無心塾津山塾

護身道無我無心塾津山塾20240413力感ナイフ対処練習

護身道無我無心塾津山塾では、様々な護身練習を行っております。 本日は、ステップ練習対人練習、力感ナイフ対処練習 相手の武器技術を理解して特性・機能性を熟知していき危機管理能力を高めて危険を察知して身を守る技術を習得して行きます。 ストレス発散・健康管理・身体能力維持・向上・危機管理能力向上 関心のある方は、練習参加・見学お待ちしております。
無我無心塾津山塾

護身道無我無心塾津山塾20240403ナイフ対処練習

護身道無我無心塾では、護身練習しながら ストレス発散・身体能力向上・危機管理能力向上をめざして練習しております。 興味のある方は、見学・体験練習 歓迎しております。 ナイフ対処練習で力感を使った練習を行いました。 非現実的な感覚はありますが相手の力を感じて動作できる感覚が護身に通じます。
無我無心塾津山塾

護身道無我無心塾20240330ナイフストライクテン練習

本日は、ナイフテクニック・ステップ練習でした。 ナイフ技術を学び対処要領に繋げ相互の技術を高め合わせて危機管理能力を向上させて行きます。 もしナイフを所持した人に襲われた際は、戦うことなく身の安全の確保に心がけましょう! 最悪の場合は、回避する距離・時間を確保して身の安全を第一優先しましょう! 興味のある方は、連絡お待ちしております。 見学・体験練習歓迎しております。
無我無心塾津山塾

護身道無我無心塾津山塾20240327対術・関節技連携練習

パンチコンビネーション 基本練習を活かしてパンチコンビネーション練習です。基本練習が基礎となりパンチの連打はステップを使い打撃効果を向上します。 ステップキック ステップを使い切り返しから蹴りを練習です。相手の攻撃を交わしステップ切り返しか...
無我無心塾津山塾

護身道無我無心塾津山塾20240316ナイフストライクテン練習

護身道無我無心塾津山塾では、ナイフテクニックとしてナイフストライクテンを練習しております。 ナイフの技術を高めてナイフ対処能力を高めるためです。 相手の武器技術を理解して特性・機能性を熟知していき危機管理能力を高めて危険を察知して身を守る技術を習得して行きます。 関心のある方は、練習参加・見学お待ちしております。